FX エリオット波動

エリオット波動論

FX勉強会「エリオット波動論」基本編、どこの波を狙いにいきますか?

2019年4月5日


1日1回 応援クリックよろしくお願いします!

 

おはようございます、TaroMaru(たろまる)です^^

今回は「エリオット波動」についてお話したいと思います。

エリオット波動が苦手なTaroMaru(たろまる)は師匠から本を読め! と言われ必死に分厚~~~いエリオットの本を読んでいました。

 

エリオット波動論は欧米をはじめ世界中に多くの信奉者がいる相場分析法です。

チャールズ・ダウより少し遅れて米国で活躍した株式アナリスト、ラルフ・ネルソン・エリオット(1871年~1947年)が編み出し、戦後の60年代になって再評価され、投資家の注目を集めるようになりました。

そのテクニカル理論は、単なる相場の値動きだけでなく、1000年単位の歴史の周期まで視野に入れた壮大なものです。

 

…少し読んだだけでダウ理論とは比べ物にならないほど、難しそうです。

まだまだ先は長いです。

一生懸命読んではみましたが、しっかり理解する前にいつも眠ってしまい、また前のページに戻る…

そんな日々を繰り返していたので、エリオットの本はいったん封印しましたw

 

TaroMaru(たろまる)1人でエリオット波動を理解することは不可能! ということに決定したので、師匠に質問してみることにしましょう。

相変わらず毒舌、「なんでわかんないの、日本語で書いてあるでしょw」

ごめんなさい、何度聞いてもエリオット波動、苦手なんです(TOT)

TaroMaru(たろまる)にはこの本は日本語とは思えません…。

まずは基本をしっかり理解しないと、読めない…ということで、勉強会を開いていただきました^^

 

エリオット波動論とは!

 

ラルフ・ネルソン・エリオット氏はダウ理論を知りとても感銘を受けました。

それをきっかけに、徹底的に調べあげ出来上がったのがエリオット波動論です。

波の特性、その分類、性格に至るまでをかなり細かく記した理論です。

 

波の分析をすることによって、現在位置を知ることができます。

そして現在位置がわかれば、おのずとどこでエントリーしたら良いかもわかってきます。

エリオット波動論は、エントリーをするためには無くてはならないものなのです。

現在地を知るためには、まずはエリオット波動の基本を知らなければいけません。

そこから勉強していきましょう。

 

基本的な原理

 

  • 推進波-5波 ︰1波 2波 3波 4波 5波
  • 修正波-3波 ︰A波 B波 C波

 

これでひとつの波となります。

この推進波5波+修正波3波のひとつの波が集まって、さらに大きい波5波+3波を作っていきます。

これをフラクタル構造と言うのですが、どこまでいっても基本的な原理はここです。

エリオット 推進波 修正波

 

※ポイント

 

気を付けていただきたいのが、推進波は1.2.3.4.5 なのですが、そのの中にも修正波があります。

2と4です。

そして修正波A.B.Cの中にも推進波があります。

AとCです。

向かっている方向とは逆に動く波が修正波です。

ここを勘違いしないように、頭の中にしっかりいれておいてくださいね。

なんだかちょっと複雑に思えますが、単純にそう覚えておいてください。

 

推進波(1.2.3.4.5)の分類

 

1.衝撃波

トレンドが強いときにでます。エリオット波動 衝撃波

 

2.ダイアゴナルトライアングル

第1波と第5波が重なってしまうのが大きな特徴です。

推進波 ダイアゴナルトライアングル

 

ダイアゴナルトライアングルには、2つ種類があります。

 

1.リーディングダイアゴナルトライアングル 5-3-5-3-5で構成

衝撃波の第1波や修正波ジグザグのA波に現れます。

 

リーディングダイアゴナルトライアングル

 

 

2.エンディングダイアゴナルトライアングル 3-3-3-3-3で構成

衝撃波の第5波やジグザグのC波に現れます。

 

エンディングダイアゴナルトライアングル

 

 

 

 

修正波(A.B.C)の分類

 

1.ジグザグー5.3.5の波

修正波 ジグザグ

 

2.フラットー3.3.3

C波は3波だけではなく、5波で構成されたり、急激に動き1波だけで終わるケースもあります。

とても捉えにくい波です。

 

修正波 フラット

 

3.トライアングルー3.3.3.3.3

修正波 トライアングル

 

4.複合型

ジグザク+フラット

ジグザグ+トライアングルなど

 

まとめ

どうでしょうか?

まずはこのような波でチャートが出来上がっていっているんだな、ということが理解できたら次へと進めます。

理解することによってどこの波を狙いにいったら良いのかもおのずとわかってきますよね^^

TaroMaru(たろまる)もしっかり基本の波を頭にいれ、エリオットをもっともっと学んでいこうと思います。

 

それではまた! 今日のお話がみなさまのお役に立てれば嬉しいです^^

”Trend is your friends” みんなもTaroMaru(たろまる)と一緒にチャートと仲良くしていきましょうね(^O^)/


いつも応援クリックありがとうございます!






TaroMaru☆へお問い合わせはこちらから


スポンサー広告

Copyright© TaroMaruのFXデイトレードブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.