FX ポンド 急落

メンタルブログ

昨晩のGBP急落原因,ポジションを持っていたときの対処法!

2019年3月13日


1日1回 応援クリックよろしくお願いします!

 

おはようございます、TaroMaru(たろまる)です^^

 

突然のポンド急落!

昨日はすごかったですね。

ポンド(GBP)の動きを監視していたのですが、いきなり下落してます。

最初は、18:30 [GBP] (英) 1月 月次国内総生産(GDP)の影響なのかも、とも思ったのですが、ちょっと反応遅すぎですよね。

急落の原因を知るためにいろんなところのニュースを閲覧していたのですが、全然わかりません。

もしかしてこれ? と思ったときにはもう1時間半くらい経過した後でした。

もう少し早く情報を知りたいですよね。

どなたかニュースをいち早く知る方法を知っている方がいらっしゃいましたら、ぜひTaroMaru(たろまる)に教えていただきたいです。

どうぞよろしくお願いいたしますm(__)m

 

結局昨日の下落騒動は発言でした。

19時40分に、一部通信社が「英法務長官がEU離脱協定案に関する法的助言の内容をこの後公表する模様」と伝えていたらしいです。

そのため急落。

そして、「ブレグジット協定案には改善や進歩が全くない」と公表。

そりゃ~下落しますよね…。

特にポンド(GBP) は動きだしたら早い…。

そしてものすごく大きく動く…。

TaroMaru(たろまる)はこういう場面を幾度も見てきたので、どうしても長い時間ポジションを持つのが苦手です。

特にポンド(GBP)は! です。

目標固定PIPSまでいったらすぐ利確、そんなトレードスタイルが気に入っているのにはこういう背景があります。

 

ここだけの話ですが、実はうちの師匠、ポンド(GBP)ロングを持ってました。

一旦、利確の位置にきていましたが、もう一段上を狙っていたのだそうです。

上にスクスク成長していくのを楽しみにチャートを監視していると、ものすごい下落が始まりだしました。

そのチャートの動きを見て「なんでだよ~~~!」と悲しみに浸っていたそうです。

結局300PIPSほどあったポジションは半分くらいに減ってしまい、悲しみに浸りながらも「しょうがない!」と言っておりました。

それにしても、きちんと損切り位置はずらしてあり、ここを切ったら撤退しましょう、というとこで、サッと逃げて利確しているのには、やはりさすが師匠です。

TaroMaru(たろまる)なら、あ~~~~…とパニックになりプラマイ0になっているかもしれません。

とても勉强になりました。

 

ローソク足がスクスク成長したら、損切りの位置をきちんと根拠のあるところに移動!

絶対に忘れないようにしなければなりません。

TaroMaru(たろまる)も師匠のようなトレードができるよう練習していきたいと思います。

 

さてと今日の注目経済指標は…ありません。

昨日の動きを踏まえて、今どこにいるのか、相場の参加者は今どこの水平線を意識しているのか、しっかり確認して注意深くチャートを監視していったほうが良さそうです。

 

それではまた! 今日のお話がみなさまのお役に立てれば嬉しいです^^

”Trend is your friends” みんなもTaroMaru(たろまる)と一緒にチャートと仲良くしていきましょうね(^O^)/

 


いつも応援クリックありがとうございます!






TaroMaru☆へお問い合わせはこちらから


スポンサー広告

Copyright© TaroMaruのFXデイトレードブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.