FX トレードスタイル 取引

FX入門編 トレード手法

FXには6つのトレードスタイルがある!初心者におすすめのやり方は?

2019年5月9日


1日1回 応援クリックよろしくお願いします!

 

おはようございます、TaroMaru(たろまる)です^^

 

最近はどんなトレードスタイルが自分に合ったいるのか、とっても考えさせられてます。

なので今日はFXのトレードスタイルについて勉強していきたいと思います(≧∇≦)/

 

FXのトレードスタイルとは?

 

トレードスタイルとは、簡単に言いますと、FXの取引の仕方のことです。

 

取引の仕方には、自分で取引するやり方もあれば、自動で売買されるやり方もあります。

その中でも自分自身で取引するやり方には、ポジションを持つ時間の長さによって違う4つのトレードスタイルがあります。

その他には、金利を狙うトレードスタイル、自動で機械が取引するトレードスタイルなどもあり、全部で次の6種類に分類することができます。

 

1.スキャルピングトレード

2.デイトレード

3.スイングトレード

4.ポジショントレード

5.キャリートレード

6.システムトレード

 

このトレードスタイルの中から自分自身が1番取引しやすいやり方をみつけていきましょう。

ここを間違ってしまうと、FXの楽しさは半減、勝率にまで影響してしまいます。

しっかり考えていきましょうね(≧∇≦)/

 

FXの取引の仕方、6つの種類を詳しく解説!

 

1.スキャルピングトレード

 

数十秒から数分で1回のトレードを終え、1日のうちに何度も売買を繰り返し、少ないPIPSをたくさん積み上げていくトレード方法です。

1秒単位で値動きを見極めなければいけません。

 

メリット

取引時間が短いので、間違ってしまっても損失が少なくてすみます。

ポジションを持っている時間が少ないので、ストレスが少なくてすみます。

 

デメリット

一瞬の値動きを予想しなければいけないので、相当な経験と知識が必要です。

値動きに翻弄されてしまう人には不向きです。

細かい値動きにも動じない精神力が必要です。

チャートから目を離すこともできないので、とても集中力が必要です。

 

2.デイトレード

 

数分から数時間で1回のトレードを終えます。

日をまたぐことはあまりありません。

数十PIPSから100PIPS位をテクニカル分析を中心に狙いにいくトレード方法です。

1日1~3回程度で取引回数は少ないです。

 

メリット

考える時間はたっぷりあるのでゆったりとした取引ができます。

ポジションを翌日に繰り越すことはあまりしないので、精神的にもリスクが少なくてすみます。

 

デメリット

ずっとチャートを見ていなくても良いとはいえ、チャンスがきたときには確実にチャートを見れていないといけません。

毎日同じ時間帯にチャートを見ることができる人や、専業トレーダーでないとチャンスを逃してしまうことも多いです。

スキャルよりは損失が大きいです。

 

3.スイングトレード

 

数日から数週間ポジションを持ち続けます。

1回のトレードで数百PIPSを狙いにいくトレード方法です。

 

メリット

トレンドに沿ったトレードをするため、1回で大きな利益を得ることができます。

1度エントリーしてしまえば、ずっとチャートに張り付いて監視している必要はないので、時間のない人におすすめです。

ポジションによっては、スワップを得ることもできまます。

 

デメリット

損切り幅が大きいので、トレンドの見極め、相場環境認識がしっかりできてないとダメです。

予想と違った動きをした場合、すぐに損切りすることができないといけません。

 

4.ポジショントレード

 

ポジション保有期間がとても長く、数週間から数年です。

1回のトレードで、数百PIPS、数千PIPSを狙いにいくトレード方法です。

 

メリット

ずっとチャートを見ている必要がないため、兼業トレーダーの方や時間のない方におすすめです。

トレンドにのることができたら大きな利益をとることができます。

1度ポジションを持ってしまったら、ほぼチャートはみないので、ストレスもかかりにくいです。

ポジションによっては、スワップを得ることもできまます。

 

デメリット

テクニカル分析とファンダメンタルズ分析両方しっかりできていなければいけないです。

リスクも大きくとるので、含み損を耐えなければいけません。

資金力がないときついです。

 

5.キャリートレード

 

値動きでPIPSを稼いでいくのではありません。

低金利の通貨を資金として調達し、金利の高い通貨で運用して利ザヤを稼ぐ取引のことです。

特に円で資金調達をおこなう場合を円キャリートレードといいます。

 

メリット

手数料が少ないので、外貨資金よりも有利です。

 

デメリット

高金利通貨は、通貨の価値が落ちやすいです。

スワップで稼いでも、損益でPIPSがマイナスになってしまうこともあります。

 

6.システムトレード

 

トレーダーが自ら取引はしません。

プロトレーダーが考案したプログラムを自分で選び、24時間自動で売買を行ってくれるというシステムです。

 

メリット

一度設定さえしてしまえば、基本そのままです。

 

デメリット

プログラムとはいえ完璧ではないので、ある程度のメンテナンスや、プログラムを自分で選び交換しなければいけません。

24時間自動で売買をしてくれるとはいえ、やはり専門的な知識がなければ、勝ち続けることは難しいといえます。

 

さて ここまで読んでみてどうだったでしょうか?

チャレンジしてみたいトレードスタイルはみつけられましたか?

 

初心者におすすめトレードスタイルは?

 

TaroMaru(たろまる)は自分自身がこの2年トレードをしてきて、デイトレが1番あっていると思ってはいます。

デイトレは比較的ゆったりとトレード戦略を考えることができます。

そして長い時間ポジションを持っていることは少ないので、精神的にも楽です。

1番おすすめです^^

 

でもこれからTaroMaru(たろまる)は、最終試験で苦手なハーフスイング(スイングの中の少し短め)をやらなければいけません。

「時間のない人には絶対必要だからできるようになっておきなさい!」と、師匠からしっかりと言われているのですが、デイトレから始めてしまったので、どうもスイングは苦手意識がでてしまいます。

 

相場分析は長期のほうがとってもわかりやすいですし、チャートに張り付いている必要もありません。

いろんな書籍を読んだりしていても、初心者や兼業トレーダーの人には、スイングがおすすめと書いてあります。

 

みなさんも1度真剣に自分のトレードスタイルを見つめ直してみてくださいね。

必ず自分にあったトレードスタイルがあると思いますよ!

 

それではまた! 今日のお話がみなさまのお役に立てれば嬉しいです^^

”Trend is your friends” 今週もTaroMaru(たろまる)と一緒にチャートと仲良くしていきましょうね!

 

ブログランキングとTwitterもポチッとしていただけると、ブログを書く元気が貯まっていきます♪

ぜひよろしくお願いします(≧∇≦)/


いつも応援クリックありがとうございます!






TaroMaru☆へお問い合わせはこちらから


スポンサー広告

Copyright© TaroMaruのFXデイトレードブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.